桑原動物病院

027-221-6696
〒371-0804 群馬県前橋市六供町1丁目8-3

ハムスターの飼い主様へ

ご来院の際は、動物の安全と皆様の安心を守るため
待合マナーをお守りいただけますようお願いします
ハムスターとの生活

ハムスターは病気はあまりしませんが、リスやウサギと共通する病気が見られます。食事や飼育環境の影響を受けやすいので、それらに気をつけてあげることが病気の予防や早期発見につながります。
また、定期的な健康診断を行うこともお勧めします。

  • 体調管理
    歯や爪が伸びすぎていたら、爪切りなどで切ってあげてください。体重が減っていないか、毛につやがあるか、目やにが出ていないかなどチェックしてあげましょう。
  • 食事
    主食・副食(野菜類・種子類)をバランスよく与えてください。種子類の与えすぎは肥満の原因になります。
  • 夜行性
    夜行性なので、食事や水は夕方交換するのが良いでしょう。
  • 単独飼育
    縄張り意識が強く多頭飼いできない種類は、必ず単独飼育します。
飼育環境

暑さや湿気が苦手なので、日陰で風通しの良い場所に、ケージを置いてあげてください。
冬は、寒さを防ぐため巣材を多めに入れます。
病気の予防のためにも、ケージ・巣箱は清潔にしてあげてください。

  • ケージ
    運動不足の予防のため、適度な広さで、中には運動サークルなどを設置し、ストレスを解消できる環境を確保してあげてください。
  • 巣箱
    巣箱の中に、巣材や食事を溜め込むので、様子を見ながら巣箱の掃除をしてあげてください。
  • 温度
    ハムスターが快適な室温は20~25度、湿度は45~55%だとされています。
  • トイレ
    同じ場所ですることが多いので、汚れたらその都度、砂や床材を交換してあげてください。